自転車とSDGs
Sdgs

自転車とSDGs

中川商会×SDGs

持続可能な開発目標(SDGs)の達成を目指す開発戦略において、
交通手段をより持続可能なものにすることは、
人類と地球にとって極めて重要なことです。
その中でも自転車は、SDGsの目標の11項目に直接関連していることから、
自転車を活用することは、脱炭素社会、交通手段の改善、
健康増進など、SDGsの重要な要素となっています。
民間企業、官公庁、医療法人、学校法人、宗教法人、NPOなどあらゆる団体様にとって、
自転車へ投資するということは、SDGsの達成に貢献することになります。
中川商会は自転車を通じて、皆様のSDGsの活動をお手伝いを致します。

中川商会のサスティナブルな取り組み
Initiatives

店舗では毎日のように買い替えなどで、処分廃棄自転車や廃棄部品が出ます。
その中には、まだまだ使えるモノや少し修理すれば再利用できるモノも多くあり、廃棄自転車をプロの技術で修理・整備することで新たな価値を生み出しています。
また、EC事業においても、自転車の配送にあたり、運送業者様の協力のもと、ダンボールでの梱包をできる限り少なくし、さらに緩衝材を再利用することで、少しでも自転車から出るゴミを増やさない取り組みをしています。

  • 中川商会のサスティナブルな取り組み
  • 中川商会のサスティナブルな取り組み
  • 中川商会のサスティナブルな取り組み
  • SDGs目標 貧困をなくそう

    目標1
    貧困をなくそう

    自転車は、都市でも地方でも、教育、仕事、市場、地域活動へのアクセスを可能にする手頃でシンプルな交通手段です。
    自転車は、人や物を運ぶための手頃な手段であり、交通費を削減するのに役立ちます。さらに、自転車に関連した雇用の創出による経済成長の可能性も高く、自転車への投資は、貧困削減戦略にとって良い機会を提供します。

  • SDGs目標 飢餓をゼロに

    目標2
    飢餓をゼロに

    自転車は、手頃な交通手段として、地域社会へのアクセスできる範囲を広げることで、食料の選択肢を増やし、さらに食品の持続可能な輸送を確保することができます。

  • SDGs目標 すべての人に健康と福祉を

    目標3
    すべての人に健康と福祉を

    自転車は、健康的でカーボンニュートラルなライフスタイルを実現します。自転車でのライフスタイルは、自動車のライフスタイルがもたらす運動不足や環境負荷を軽減します。

  • SDGs目標 ジェンダー平等を実現しよう

    目標5
    ジェンダー平等を実現しよう

    自転車は、老若男女問わず安全で快適な交通手段を提供します。自転車への投資は、自転車を利用する人数を増やし、男女平等を支援することになります。

  • SDGs目標 エネルギーをみんなにそしてクリーンに

    目標7
    エネルギーをみんなに
    そしてクリーンに

    自転車は、人間の力を効率的に使って、人や物を移動させるための最も効率のよい交通手段の一つです。さらに、自転車は、公共交通機関や物流システムと組み合わせることで、ファースト1マイルとラスト1マイルを提供する良い解決策となります。自転車に適した環境は、エネルギー効率が高く、快適な交通手段を提供します。

  • SDGs目標 働きがいも経済成長も

    目標8
    働きがいも経済成長も

    自転車産業は、持続可能な人とモノの輸送、および持続可能な観光やレジャー活動のための製品とサービスを提供しています。さらに自転車産業は、他のどの輸送産業よりも、同じ売上高でより多くの雇用を創出しています。例えば、売上高1億円あたり、自転車産業は3.76人のフルタイム雇用を生み出しています。これは、航空宇宙産業(3人)よりも多く、自動車産業(1.25人)にいたっては3倍も多くの雇用を生み出しています。

  • SDGs目標 産業と技術革新の基盤をつくろう

    目標9
    産業と技術革新の基盤を
    つくろう

    自転車は、人々が自動車による移動から、アクティブモビリティ(徒歩や自転車)と公共交通機関の組み合わせに切り替えることを可能にします。より多くの人々が自転車を利用することで、安価で公平にアクセスできることに重点を置いた、持続可能な交通システムの構築を容易にすることができます。

  • SDGs目標 住み続けられるまちづくりを

    目標11
    住み続けられるまちづくりを

    自転車は手頃な価格で安全、無公害、健康的な交通手段です。持続可能な経済を促進するため、自転車の増加は都市をより持続可能なものにします。自転車は複雑なハイテク技術から独立しているため、非常に回復力のある交通手段でもあります。その一方で、最新の通信技術や電動アシスト自転車は、自転車を都市の道路交通システムを進化させます。徒歩、自転車、公共交通機関のモーダルシェアが高ければ高いほど、交通システムはより持続可能なものになります。

  • SDGs目標 つくる責任つかう責任

    目標12
    つくる責任つかう責任

    自転車による人や物の移動は、通勤、観光などの移動の機会だけでなく、生産、消費、配送を持続可能な方法で行う機会を提供するものです。自転車は、地域や地方経済の多様性や規模にぴったりとマッチします。多くの都市部では、商品の配送の50%を自転車で行うことができるとの試算があります。さらに、サイクルツーリズムの分野が増えることで、人々が持続可能な観光を選択するための選択肢が増えます。

  • SDGs目標 気候変動に具体的な対策を

    目標13
    気候変動に具体的な対策を

    自転車は、交通と社会のカーボンニュートラルのシンボルであり、気候変動に対して即効性のある対策ができる可能性を持っています。民間企業、官公庁、医療法人、学校法人、宗教法人、NPOなどあらゆる団体様が、事業に自転車を取り入れることで、気候変動に対して、行動を起こすことができます。

  • SDGs目標 パートナーシップで目標を達成しよう

    目標17
    パートナーシップで目標を
    達成しよう

    自転車を促進するために、民間、公的、市民社会のパートナーシップを奨励し、利用を促進します。